×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



エキゾーストを変えてからアフターファイヤーに悩まされていました。バッフルを入れて少しは改善されたのですが、どうもまだ気になります。ネットとかで調べてみるとどうやら排ガス規制対策ための2次エア供給装置が悪さをしているみたいです。2次エア供給というのは2次的に新鮮な空気をEXポートに入れて 再燃焼させて排ガスを綺麗にしようってことです。結果アフターファイヤーが生じるってことですね。

そこで撤去してやりたいところなんですがメジャーなバイクには専用のキャンセルキットがあるみたいなんですがもちろんバンちゃんにはないです。(笑)だからといって自分でプレートを作成してエンジンから供給装置に繋がらないように塞ぐ技術はないんで下の図のようなことを考えました。



つまり当初@ABCがエンジンから二次エア供給装置に繋がってます。そこで@A、BCをそれぞれ繋ぎ元々ホースが繋がっていた2次エア供給装置の穴を塞いでしまおうってことをしました。たぶんこれでいけるかと・・・。

早速ホームセンターにいって使えそうなものを購入。

↑右から穴を塞ぐゴムキャップ、ホース同士を繋ぐやつです。

タンクを外して実際の供給装置を確認。

↑しっかり4本でてますね。

そしてホースを外してゴムキャップを装着。

↑ぴったりです。^^

次にホースを繋ごうとしたら・・・。
ホースの径とジョイントの径が合わない。(爆)
しぶしぶホームセンターに行きました。


↑こっちのが安かった。(笑)

早速取り付け。今度はぴったりでした。(´▽`) ホッ

↑クリップでとめてあるホースを繋げました。

タンクを取り付け早速試乗してみました。あきらかにアフターファイヤーが減少していました。パンパンいわなくなってよかったです。心配なのは本当にこのやり方であってるのかどうかです・・・。とりあえず様子見ですね。後、環境にはよろしくないですね。^^;

もどる